1. ホーム
  2. ≫色彩で独立・開業

色彩で独立・開業

他の資格との組み合わせ

  • いわゆるカラーリスト、色彩の講師の他に、インテリアコーディネーター、フラワーアレンジメントなどと組み合わせる方法もあります。
  • いずれの場合でも重要なことは、色彩だけではなく、ビジネスの勉強もやらねばならない、ということです。

色彩とビジネス

たとえばホームページを作成して色彩関係の仕事をしたい場合、ページのデザインには色彩検定の知識は役に立ちますが、アクセスアップの方法や、クリックしてもらうための戦略は、色彩とは関係ありません。

マーケティングなど、色彩とは関係のない勉強も、色彩の勉強と同じか、それ以上する必要があります。

すなわち、あなたが始めたい仕事に関して、特別な努力をする必要があります。

なお、最近はたくさんの教科書が販売されていす。また、スクールの利用も可能ですから情報を集めてみましょう。

カラーリスト

全国のいわゆるスクールに、いくつかの養成コースがあります。コースによって大きく違いますが、ずばり、受講料は、○○○,○○○円です。

他のスクールもたくさんありますが、重要なことは、独立・開業するのには、ある程度の投資が必要である、ということです。

もし、カラーリストとして事務所を構えるのであれば、当然、ビジネスとしての先行投資が必要です。これは、どのような職種でも同じです。

色彩を趣味ではなく、仕事としてやるのであれば、このような現実が待っています。

色彩もせっかく勉強したなら、あるいは、これから勉強されるなら、具体的な目標を持ちましょう。特に、色彩の仕事をやりたい方は、初心を忘れずに。 合格後も、まだまだやることはたくさんあります。是非、プロとなって活躍することを、自ら実現してください。