1. ホーム
  2. ≫勉強方法について

勉強方法について

独学

費用を抑えたい場合は独学でがんばりましょう!
私も独学で2,3級に合格しました。

独学の長所

  • 自分のペースでできる(短期決戦など)。
  • 他人にあれこれ言われることが嫌いな人は向いています。
  • テキスト代以外はあまり費用がかからない
  • スクールのペースが遅すぎるなどの不満が起きない。
  • 自由に、安く取得できる。

独学の短所

  • 全て自分でやる必要がある。
  • 情報収集をどうやってするか?
  • 困ったときに相談する仲間がいないことも。
  • 挫折する可能性あり。

テキストを準備しましょう

公式テキスト(必須)

  • 公式テキスト3級編
    色彩検定協会 色彩検定公式テキスト3級編です。

  • 公式テキスト2級編
    色彩検定協会 色彩検定公式テキスト2級編です。

  • ▶Information

    色彩検定協会 色彩検定公式テキスト2級編、3級編は必須です。

    このテキストから出題されます。

過去問題集(必須)

  • 過去問題集2015年度
    色彩検定過去問題集2015年度2・3級です。

  • 過去問題集2014年度
    色彩検定過去問題集2014年度2級・3級です。

  • ▶Information

    色彩検定協会 色彩検定過去問題集も必須です。

    2015年、2014年まで揃えておくと安心です。

    問題集には詳細な解説があります。

市販の問題集

  • 書店でご覧になり、使い易そうなもの1冊(最新版)で十分です。
    (2016年版を購入しましょう)。
    私は早稲田出版のものを使用しましたが絶品のようです。
  • 問題集は色彩検定協会(旧AFT)主催の色彩検定に対応したものを購入しましょう。
    (東商のカラーコーディネーター検定のものは内容が異なります)
  • なお、多くの参考書、問題集は少し詳しすぎるところがあり、
    公式テキストに載っていないこともずいぶん書いてあります。その部分は覚える必要はないと思います。
    あくまで、公式テキスト中心で大丈夫です。
  • 勉強方法としては参考書などを見ずに、
    さっと問題が解けるようにしておけばよいでしょう。
    全ての部分について十分理解しておく必要があります。

通信講座

通信講座は独学に自信がない、勉強が苦手、嫌い、さぼってしまうという方におすすめです。

資料請求し、その資料を机の上など他人の目に付く場所に置いておくと、引くに引けなくなります。

通信講座の長所

  • ある程度のプレッシャーを自分にかけることができます。
  • テキストや問題集を探す、検討する、購入する時間を節約できます
  • 講座によっては、不明点を直接質問することができます。
  • 比較的安価な講座が増えています。

通信講座の短所

  • 資金が必要です(教育訓練給付制度を利用できる可能性があります)。
  • 購入するまで、テキストなどの内容が確認できません。
  • CD教材などは、ご利用中のPCに対応しているか確認が必要です。
  • 途中でやめたくなった場合でも、返金は不可能です。

毎年、その年度版のテキスト、問題集を買って積みあげて放置してしまう場合、強制力が働く講座(通信、通学)をオススメします。